連立方程式の解法は…「文字を減らす」方針?その2

下の記事を見直してたらちょっと気になったので一言.「文字を減らす」という方針について以前の記事に追加です.

\[\begin{align*}
&\begin{cases}
f(s,~t)=0\\
s=g(x,y)\\
t=h(x,y)
\end{cases}
\Longleftrightarrow
\begin{cases}
f(g(x,y),~h(x,y))=0\\
s=g(x,y)\\
t=h(x,y)
\end{cases}
\end{align*}
\]

です.

(理由)
\(\Rightarrow\)は第1式の\(s\)と\(t\)に第2,3式により\(s=g(x,y),~t=h(x,y)\)をそれぞれ代入すれば得られます.
\(\Leftarrow\)はは第1式の\(g(x,y)\)と\(h(x,y)\)を第2,3式により\(g(x,y)=s,~h(x,y)=t\)とおき直せば得られます.(ちなみにこれは,もし第2,3式\(g(x,y)=s,~h(x,y)=t\)がなければ逆が成り立たない,すなわち
\[
\begin{cases}
f(s,~t)=0\\
s=g(x,y)\\
t=h(x,y)
\end{cases}
\Longrightarrow
f(g(x,y),~h(x,y))=0\\
\]
であることを意味します.)

…(同値性という観点から言えば)文字は別に減らしてなんかいないことに注意.

しかしもし,
\[
\exists s \exists t\begin{cases}
f(s,~t)=0\\
s=g(x,y)\\
t=h(x,y)
\end{cases}
\]
なら,存在記号を処理することで,

\[\exists s \exists t\begin{cases}
f(s,~t)=0\\
s=g(x,y)\\
t=h(x,y)
\end{cases}
\Longleftrightarrow
f(g(x,y),~h(x,y))=0
\]

となります.見た目通り,文字\(s,t\)は消えます

「ならば」の否定

問題
\(a,~b\)を有理数とするとき,\(\sqrt{3}\)が無理数であることを用いて,「\(a+b\sqrt{3}=0\)ならば\(a=0\)かつ\(b=0\)」であることを証明せよ.

定番問題です。解答を見ると,次のように始まります。

\(b\neq 0\)とすると…

 
賢明な生徒であればここで「背理法かな?」気付くはず。それは正しい。では,与えられた命題「\(a+b\sqrt{3}=0\)ならば\(a=0\)かつ\(b=0\)」の否定が「\(b\neq 0\)」ということでしょうか?もちろん違いますよね。

「\(a+b\sqrt{3}=0\)ならば\(a=0\)かつ\(b=0\)」の否定がどうなるかに注意しつつ,証明を作ってみます。与えられた命題は論理記号を用いて「\(a+b\sqrt{3}=0\Longrightarrow a=0\land b=0\)」と書けることに注意して,

証明(その1)

\[\overline{ a+b\sqrt{3}=0 \Longrightarrow a=0 \land b=0}\]と仮定する.ここで,
\begin{align}
&\overline{ a+b\sqrt{3}=0 \Longrightarrow a=0 \land b=0} ~\cdots(\ast)\\
\Longleftrightarrow~ &\overline{\overline{a+b\sqrt{3}=0} \lor (a=0 \land b=0)}&(\Rightarrow \text{の定義})\\
\Longleftrightarrow~ &a+b\sqrt{3}=0 \land \overline{a=0 \land b=0}&(\text{ドモルガンの法則})\\
\Longleftrightarrow~ &a+b\sqrt{3}=0 \land (a \neq 0 \lor b \neq 0)&(\text{ドモルガンの法則})\\
\Longleftrightarrow~ &(a+b\sqrt{3}=0 \land a \neq 0 ) \lor (a+b\sqrt{3}=0 \land b \neq 0)~\cdots(\ast\ast)&(\text{分配法則})\\
\end{align}

したがって最後の行で示した命題\((\ast\ast)\)について吟味すればよい(\(a,b\)が有理数であることに注意).

\(a+b\sqrt{3}=0 \land b \neq 0\)について.
\(\displaystyle \sqrt{3}=-\frac{a}{b}\)と変形できますが,仮定により\(\sqrt{3}\)は無理数なので,無理数=有理数となり,不合理.

次に\(a+b\sqrt{3}=0 \land a \neq 0\)について.
上と同様の方針で考えると,\(\displaystyle \frac{b}{a}=-\frac{1}{\sqrt{3}}=-\frac{1}{3}\sqrt{3}\)となるが,これも無理数(※)=有理数となり,やはり不合理.

よって,どちらも偽の命題となるので,\((\ast\ast)\)は偽,すなわち\((\ast)\)は偽である.したがってもとの命題は真である.

証明終

注意
上の証明の(※)において,「\(-\frac{1}{3}\sqrt{3}\)は無理数」と判断しましたが,\(\text{無理数}\times\text{有理数}=\text{無理数}\)であることは念のため確認が必要です。しかしこれは明らかでしょう。実際,\(\text{無理数}\times\text{有理数}=\text{有理数}\)が成り立つと仮定すれば,両辺を左辺の有理数で割ることで\(\text{無理数}=\frac{\text{有理数}}{\text{有理数}}\)が得られますが,これは矛盾です。

…では,模範解答の「\(b\neq 0\)とすると~」は一体何をしているのでしょうか?

証明(その2)

示すべきことは
\begin{align}
&a+b\sqrt{3}=0 \Longrightarrow a=0 \land b=0\\
\Longleftrightarrow~ &\overline{a+b\sqrt{3}=0} \lor (a=0 \land b=0)&(\Rightarrow \text{の定義})\\
\Longleftrightarrow~ &\left(\overline{a+b\sqrt{3}=0} \lor a=0\right) \land \left(\overline{a+b\sqrt{3}=0}\lor b=0\right)&(\text{分配法則})\\
\Longleftrightarrow~ &\left(a+b\sqrt{3}=0 \Rightarrow a=0\right) \land \left(a+b\sqrt{3}=0 \Rightarrow b=0\right)&(\Rightarrow \text{の定義})\\
\end{align}である.前半と後半を別々に示すことする.まず,後者の\[a+b\sqrt{3}=0 \Rightarrow b=0\tag{2}\]を示す.この命題を否定すれば\[a+b\sqrt{3}=0 \land b \neq 0\]となるが,これは不合理である(上と同様,詳細は割愛).したがって\(b=0\)を得る.

次に前半の\[a+b\sqrt{3}=0 \Rightarrow a=0 \tag{1}\]を示す.\(a+b\sqrt{3}=0\)と仮定する.先の議論により\(b=0\)であったから,これを代入すると\[a+0\cdot \sqrt{3}=0\Longleftrightarrow a=0\]となり,\(a=0\)を得る.したがって\(a+b\sqrt{3}=0 \Rightarrow a=0\)である.\((1),(2)\)により,\(a+b\sqrt{3}=0 \Longrightarrow a=0 \land b=0\)が示された.

証明終

すなわち,\((2)\)は背理法で証明し,一方\((1)\)は仮定から結論を導くという素直な方法で証明した,という流れでしょう。その\((2)\)での背理法において,「\(b\neq 0\)とすると」が出てくるわけですね。

あるいは,「\(a+b\sqrt{3}=0\)ならば\(b=0\)」は,問題文の命題と同値なので,この命題を否定して背理法を考えた,とも考えられます.実際,

\[
\begin{align}
&a+b\sqrt{3}=0 \Rightarrow b=0 \\
\Longleftrightarrow~ &a+b\sqrt{3}=0 \Rightarrow a+b\sqrt{3}=0 \land b=0\\
\Longleftrightarrow~ &a+b\sqrt{3}=0 \Rightarrow a=0 \land b=0
\end{align}
\]

まあいずれにしても,ならば(含意)の否定というものを学んでいない以上,上のような証明は作りようがない。いきなり「\(b \neq 0\)とする」なんて言われても納得しようがないし,安易に納得してはいけない。ちなみにこの解答の脚注にはこんな一言が載っています。「結論が\(p\)かつ\(q\)という命題を背理法を用いて証明するときは\(\overline{p}\)または\(\overline{q}\)のみを仮定して矛盾を導けばよい」…でもその理由は?理由が書いてない以上それ「覚える」しかないよね?それって数学なの??っていう。

まあ,ある程度はブラックボックス化するのはやむを得ないとはいえ,ここは端折るところではないのでは…と思う。さもなければそもそも\(P\Rightarrow Q \land R\)なんて命題の証明なんて取り扱わないで欲しい。生徒に説明するとき誤魔化すハメになりほんと迷惑。

否定をとることの難しさと論理式の有用性

背理法で示す方針の場合,与えられた命題を否定する必要がありますが,これが意外と難しいケースがあります.

\(xy\)平面内の相異なる4点\(P_1,~P_2,~P_3,~P_4\)とベクトル\(\overrightarrow{v}\)に対し,\(k\neq m\)のとき\(\overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\)が成り立っているとする.このとき,\(k\)と異なるすべての\(m\)に対し\[\overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0\]が成り立つような点\(P_k\)が存在することを示せ.(京都大・文)

この問題の場合,与えられた命題は

「\(k\neq m\)のとき\(\overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\)が成り立っているとする.このとき,\(k\)と異なるすべての\(m\)に対し\(\overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0\)が成り立つような点\(P_k\)が存在する」

です.この否定をとればいいわけですが,どこからどう手をつければいいのかいまいちわからない,できたとしてもなんだか不安….そこで,ここでは論理記号を用いて捉えてみます.与えられた命題を次の4つの部分に分けて翻訳していきます.

      1. \(k\neq m\)のとき\(\overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\)が成り立っているとする.
      2. このとき,
      3. \(k\)と異なるすべての\(m\)に対し\(\overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0\)が成り立つ
      4. ような点\(P_k\)が存在する

1.「\(k\neq m\)のとき\(\overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\)が成り立っているとする」は
\[k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\]

2.「このとき」は\[\Longrightarrow\]

3.「\(k\)と異なるすべての\(m\)に対し\(\overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0\)が成り立つ」は\[\forall m \big[m\neq k \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0\big]\]

4.「ような点\(P_k\)が存在する」は
\[\exists P_k\]

ですから,以上を繋げると,
\[\big(k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\big)\Longrightarrow\exists P_k\forall m \big[m\neq k \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0\big]\]
となります.これの否定を考えます.
\[\overline{\big(k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\big)\Longrightarrow\exists P_k\forall m \big[m\neq k \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0\big]}\]

ここで,一般に
\[
\begin{align*}
&(A\rightarrow B)\Longleftrightarrow \overline{A}\lor B
\end{align*}
\]
ですから,
\[\overline{A\rightarrow B}\Longleftrightarrow \overline{\overline{A} \lor B}\Longleftrightarrow A \land \overline{B}\]
です.したがって,
\[
\begin{align*}
&\overline{\big(k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\big)\Longrightarrow\exists P_k\forall m \big[m\neq k \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0\big]}\\
\Longleftrightarrow~&\big(k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\big)\land \overline{\exists P_k\forall m \big[m\neq k \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0\big]}\\
\Longleftrightarrow~&\big(k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\big)\land \forall P_k\exists m \big[\overline{m\neq k \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0}\big]\\
\Longleftrightarrow~&\big(k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\big)\land \forall P_k\exists m \big[m\neq k \land \overline{\overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}<0}\big]\\ \Longleftrightarrow~&\big(k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\big)\land \forall P_k\exists m \big[m\neq k \land \overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}\geq0\big]\\ \Longleftrightarrow~&\big(k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\big)\land \forall P_k\exists m \big[(m\neq k \land \overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}>0)\lor(m\neq k \land\overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}=0)\big]\\
\Longleftrightarrow~&\big(k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\big)\land \forall P_k\big[\exists m(m\neq k \land \overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}>0)\lor\exists m(m\neq k \land\overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}=0)\big]\\
\Longleftrightarrow~&\big(k\neq m \Longrightarrow \overrightarrow{P_kP_m}\cdot \overrightarrow{v}\neq 0\big)\land \forall P_k\exists m(m\neq k \land \overrightarrow{P_kP_m}\cdot\overrightarrow{v}>0)
\end{align*}
\]
となります.

もとの問題の解説では他の解法があったのですが,別解としての上記のように否定をとり矛盾を示す方針が載っていました.が,その「否定をとる」という作業の時点で既に難しく,ならば論理式で記述したらどうなるかなと思い考えてみました.見た目こそ厳ついものの,論理式の扱いに慣れさえすればとても分かりやすく明解です.

命題(条件)の分配法則

命題や条件は,分配することができます.すなわち,
\[(p\lor q)\land r \Longleftrightarrow (p \land r)\lor (q \land r)\]や\[(p\land q)\lor r \Longleftrightarrow (p \lor r)\land (q \lor r)\]などが成り立ちます.

証明

真理表で確認します.
まず,\(p,~q,~r\)の真偽は\(2^3=8\)通りあることに注意して,

と書けます.見やすさのためにFを赤色にしました.
次に\(p\lor q\)を書き,その列を埋めましょう.\(p\)の列と\(q\)の列に着目して,\(\lor\)の定義に従うと,

と書けます.次に\((p\lor q)\land r\)を書き,その列を埋めます.\(p\lor q\)と\(r\)の列に着目して,\(\land\)の定義に従うと,

と書けます.
今度は\( (p \land r)\lor (q \land r)\)について調べます.そのためにはまず\((p \land r)\)と\((q \land r)\)を調べなくてはなりません.なのでまず,\(p\lor r\)と\(q \land r\)を書き,それぞれの列を埋めましょう.\(p\)の列と\(r\)の列,そして\(q\)の列と\(r\)の列に着目して\(\land\)の定義に従うと,

と書けます.さて,準備ができたので\( (p \land r)\lor (q \land r)\)を書いてその列を埋めていきましょう.先ほど書いた\( (p \land r)\)と\((q \land r)\)の列に着目して\(\lor\)の定義に従うと,

と書けます.

さて,ここで\((p\lor q)\land r\)と\((p \land r)\lor (q \land r)\)の列に着目しましょう.すると,真理値が同じですね.同値\(\leftrightarrow\)の定義より,\((p\lor q)\land r\)と\((p \land r)\lor (q \land r)\)が同値であることが分かります.

これで,\((p\lor q)\land r \Longleftrightarrow (p \land r)\lor (q \land r)\)であることが証明できました.同様にして,\((p\land q)\lor r \Longleftrightarrow (p \lor r)\land (q \lor r)\)が証明できます.

「すべて」「存在する」の否定

以下,\(x\in \{x_1,~x_2,~x_3,\cdots ,x_n\}\)とする.

\(\overline{\forall x~p(x)} \Longleftrightarrow \exists x~\overline{p(x)}\)

証明

\[
\begin{align*}
&\overline{\forall x~p(x)}\\
\Longleftrightarrow~&\overline{p(x_1)\land p(x_2)\land p(x_2)\land \cdots \land p(x_n)}\\
\Longleftrightarrow~&\overline{p(x_1)}\lor \overline{p(x_2)}\lor \overline{p(x_2)}\lor \cdots \lor\overline{p(x_n)}\\
\Longleftrightarrow~&\exists x~\overline{p(x)}&\textbf{(証明終)}
\end{align*}
\]

\(\overline{\exists x~p(x)} \Longleftrightarrow \forall x~\overline{p(x)}\)

証明

\[
\begin{align*}
&\overline{\exists x~p(x)}\\
\Longleftrightarrow~&\overline{p(x_1)\lor p(x_2)\lor p(x_2)\lor \cdots \lor p(x_n)}\\
\Longleftrightarrow~&\overline{p(x_1)}\land \overline{p(x_2)}\land \overline{p(x_2)}\land \cdots \land\overline{p(x_n)}\\
\Longleftrightarrow~&\forall x~\overline{p(x)}&\textbf{(証明終)}
\end{align*}
\]

\(\forall\)(すべての)を否定すると\(\exists\)(存在する)となり,\(\exists\)(存在する)を否定すると\(\forall\)(すべての)となります.

\(\exists x \forall y\)と\(\forall y \exists x\)の違い

並びが違うだけのように見えますが意味は全く異なります.\(p(x,~y)\)を条件とします.

\(\exists x \forall y~p(x,~y)\)は「\(x\)が存在して,任意の\(y\)に対して\(p(x,~y)\)が成り立つ」となります.最初に「存在して」と言っているあたりが慣れないと気持ち悪いと思います.なので言い換えると,「任意の\(y\)に対して\(p(x,~y)\)が成り立つような\(x\)が,\(y\)とは無関係に存在する」となります.

ポイントは,\(x\)は\(y\)に依存していないということです.

他方,\(\forall y \exists x ~p(x,~y)\)は「どんな\(y\)に対しても,それに対応して\(x\)が存在して,\(p(x,~y)\)が成り立つ」ということです.やはり「存在して」が先に来ると違和感がある人は「\(p(x,~y)\)が成り立つような\(x\)が,\(y\)に応じて存在する」と言い換えればよいと思います.

こちらは\(x\)は\(y\)に依存しているということがポイントです.

【具体例】

条件\(p(x,~y)\)を「\(x\)は\(y\)の親である」という条件とします(\(x,y\in \text{人類}\)).このとき,

\(\exists x \forall y~p(x,~y)\)は,
\[\exists x \forall y~[~\text{\(x\)は\(y\)の親である}~]\]
となります.これを翻訳すると「人間\(x\)が存在して,その人間\(x\)はすべての人間\(y\)の親である」,あるいは「どんな人間\(y\)にとっても親となる人間\(x\)が(その人間\(y\)が誰であるかとは無関係に)存在する」となります.

・・・この命題は常識的に考えれば真とは言いづらいですね^^;宗教のようなある種の信仰を持っている人にとってはこの命題も真と言えるのかもしれませんが.

他方,\(\forall y \exists x ~p(x,~y)\)は,

\[\forall y \exists x ~[~\text{\(x\)は\(y\)の親である}~]\]

これを翻訳すると「どんな人間\(y\)に対しても,その人間\(y\)に対応して\(x\)という人間が存在し,\(x\)と\(y\)との間に親子関係が成り立つ」あるいは「どんな人間\(y\)に対しても,その人間に応じて親\(x\)が存在する」となります.

・・・この命題は明らかに真でしょう.(クローン人間など特殊な例を考えない限り)物理的に人間から生まれなかった人間はいませんから.

以上,\(\exists x \forall y\)と\(\forall y \exists x\)の違い,それは\(x\)と\(y\)の間に関係(対応)があるかないか,ということです!

「かつ」「または」の分配法則

\(p,~q,~r,~s\)を命題とする.このとき,
\[p\land (q \lor r) \Longleftrightarrow (p\land q) \lor (p\land r)\]
が成り立ちます.高校数学的にはベン図で証明(というか説明?)しますが,論理学的には真理値表で証明します.

他にも,\[p\lor (q \land r) \Longleftrightarrow (p\lor q) \land (p\lor r)\]や\[(p\lor q) \land (r \lor s) \Longleftrightarrow (p\land r) \lor (q\land r) \lor (p \land s) \lor (q \land s)\]や
\[(p\land q) \lor (r \land s) \Longleftrightarrow (p\lor r) \land (q\lor r) \land (p \lor s) \land (q \lor s)\]なども同様に成り立ちます.数や文字の分配法則にそっくりですね.証明はこちら

存在記号は分配できるか?

できます(かつ(\(\land\))に関して).なぜなら,

\[\forall x[p(x)\land q(x)]~\Longleftrightarrow \forall x p(x)\land \forall x q(x)\]であるから,この命題の待遇を考えると,

\[\lnot(\forall x[p(x)\land q(x)])~\Longleftrightarrow \lnot(\forall x p(x)\land \forall x q(x))\]

すなわち

\[\exists x[\lnot p(x)\lor \lnot q(x)]~\Longleftrightarrow \exists x \lnot p(x)\lor \exists x \lnot q(x)\]

となります.\(\lnot\)は否定を表す記号です.ですから,

\[\exists x[\overline{p(x)}\lor \overline{q(x)}]~\Longleftrightarrow \exists x \overline{ p(x)}\lor \exists x \overline{q(x)}\]

とも書けますね.見やすさのために\(\overline{p(x)}\)を\(p(x)\)に,\(\overline{q(x)}\)を\(q(x)\)に改めて書き換えれば,
\[\exists x[p(x) \lor q(x)]~\Longleftrightarrow \exists x p(x)\lor \exists x q(x)\]
となります.

注意:ただし,存在記号はかつ(\(\land\))に関しては分配できません!すなわち,\[\exists x[p(x) \land q(x)] \Longrightarrow \exists x p(x) \land \exists xq(x)\]であって,この逆は成り立ちません.これは具体例を考えれば分かりやすい.仮に全体集合をあるクラスだとして,\(p(x)\)を「\(x\)は勉強が得意」\(q(x)\)を「\(x\)はスポーツが得意」だとします.すると,\(\exists x[p(x) \land q(x)]\)は「勉強もスポーツも両方得意な生徒がいる」となり,\(\exists x p(x) \land \exists xq(x)\)は「勉強が得意な生徒がいて,かつ,スポーツが得意な生徒もいる」となります.\(\Longrightarrow\)が成り立つのは当たり前でしょう.\(\Longleftarrow\)について考えます.「(そのクラスに)勉強が得意な生徒がいて,スポーツが得意な生徒もいるのなら,勉強もスポーツも両方得意な生徒がいる」となりますが,これは正しいでしょうか.少し考えればわかるように明らかに正しくないですね.反例.仮定を満たすクラスとして,「勉強は超得意だけどスポーツはダメダメな秀才君がいて,スポーツは超得意だけど勉強はからっきしの脳筋君がいる.そしてクラスの他の生徒たちは勉強もスポーツもとくに得意とは言えない,いたってフツーの生徒,そんなクラスが例えば考えられます.このクラスには明らかに「勉強もスポーツも両方得意な生徒」はいることにはなりませんね.

任意記号は分配できるか?

\(p(x),~q(x)\)を条件とする.\(\forall\)は「任意記号(または全称記号)」と呼び,「任意の(Any),すべての(for All)」という意味です.Aをひっくり返して\(\forall\).このとき,

\[\forall x[p(x)\land q(x)]~\Longleftrightarrow \forall x p(x)\land \forall x q(x)\quad \cdots (\ast)\]

が成り立ちます.例えば,\(p(x)\)を「\(x\)は勉強が得意」という条件,\(q(x)\)を「\(x\)はスポーツが得意」という条件だとしましょう.このとき,\(\forall x[p(x)\land q(x)]\)は

\[\text{全員,勉強とスポーツ両方得意}\]

という意味になります.イメージし易さのため,\(x\in \text{(とあるクラス)}\)とすると,

\[\text{このクラスの全員が,勉強とスポーツ両方得意}\]

となります.いわば,スーパーマンみたいな奴だけで構成されたクラスですね,そんなクラスをイメージしてください.

他方,\(\forall x p(x)\land \forall x q(x)\)は\[\text{このクラスの全員が勉強が得意で,かつ,このクラスの全員がスポーツが得意}\]という意味になります.

これらの「翻訳」に従って,上の\((\ast)\)を記述し直してみると,

\begin{align*}
&\text{このクラスの全員が,勉強とスポーツ両方得意}\\
\Longleftrightarrow~&\text{このクラスの全員が勉強が得意で,かつ,このクラスの全員がスポーツが得意}
\end{align*}

ということになります.このようにイメージすると,\((\ast)\)の\(\Longleftarrow\)も\(\Longrightarrow\)もどちらも成り立つこと,すなわち同値であることが容易に納得できます.

注意:ただし,任意記号はまたは(\(\lor\))に関しては分配できません